~教官への地球レポート~

長いこと地球にいるグルとオムですが、
まさかと思った、ボブ・ディランのノーベル文学賞。
アメリカ人。
 
私たちのハートに火がつきました!
 
代表曲、「風に吹かれて」の歌詞が
メディアに流れること、流れること。
地球人の心が揺さぶられるといい。

how manyのリフレイン。
「どれほど」という思いは、私たちグルとオムのいらだち。
 
「答えは風の中に」というのは、
気づけば答えはすぐそこにあるのにと、解釈しました。
 
この曲は、愚かな地球人へのいらだち。憤り。もどかしさ。
 
激しいロックじゃなくて、アコースティックギターと、淡々としたメロディだから、
この詩が生きてくるし、説得力がある。

カバーしたピーター・ポール&マリーの歌声がいい。
ハーモニーがすごくきれい。

日本の井上陽水「傘がない」も今の時代を映している。 
ボブディランに影響を受けた彼は、
こんな曲「最後のニュース」も作っています。
 
地球。
少し前の時代には、メッセージソングがあふれていました。


ボブ・ディラン「風に吹かれて」



井上陽水「最後のニュース」




ピーター・ポール&マリー「風に吹かれて」